【釣行記】ゴールデンウィークの南芦屋浜で初めてのメバリング。タケノコメバルは釣れるのか!?

南芦屋浜で初めてのメバリング

こんにちは、マルキです。

5月中旬に沖縄旅行が控えていたこともあり、ゴールデンウィークは帰省せずに神戸でのんびり。

5日連続で南芦屋浜へ通いました。
5月2日、ボウズ。
5月3日も、ボウズ。
5月4日、投げサビキでカタクチイワシが2匹釣れてボウズ脱出!

とはいえ、3日間でカタクチイワシ2匹という釣果に「自分が釣りやすい投げサビキに逃げていないか?」と自問自答…

そして、「そうだ、新しい釣りにチャレンジしよう!」と思い立ち、初めてのメバリングに挑戦することに。

初めてのメバリングで用意した道具・仕掛け

メバリングで使う道具はシンプル。基本的には、竿(ロッド)・リール・糸(ライン)・針(ジグヘッド)・餌(ワーム)があれば楽しめます。

マルキのロッドとリールは去年の夏に上州屋で買った初心者向けのルアーセット(ライン付き)。初心者向けとはいえ7,000円ほど。その時は思い切った買い物でした。

息子くんと共用で投げる練習をしたり、サビキをしたり、胴付き仕掛けの五目釣りをしたり。
本来のルアーをするまでにえらい時間がかかってしまいました。

ジグヘッドとワームは持っていなかったので、「メバリング」で検索して調べ、マルキが釣りの教科書にしている「四季の釣り」の日中メバリング回をチェック。
フィッシングマックスでとりあえず1.5グラムと1.0グラムのジグヘッドと、アジング・メバリング用ワームを買いました。

初めてのメバリングで用意した道具リスト

初めてのメバリングで用意した道具の詳細がこちら。

ロッド(竿)・リール

メバリングには7〜8フィートのロッドが良い」と知り、自分のロッドの長さを確認。
買ってから今まで、ロッドの長さはもちろん、メーカーすら把握していませんでした。

あらためてロッドを見ると、デカデカと「MEBARU73」の印字。なぜ今まで気づかなかったのか。。
「君はメバリング用ロッドだったのか!」と一方的に運命を感じ、メバリングテンションは急上昇。

ちなみにメーカーはSZM。上州屋のオリジナルブランドだそうです。長さは7.3フィート(7フィート3インチ)。

Amazonでメバリング・アジング用ロッドを探すと、たしかに7.3フィートのロッドがいろいろ出てきます。


リールのメーカーもSZM。巻かれているラインはおそらくナイロンですが、詳細は分からず。
リールは小型のスピニングリールが良いとのことで、シマノだとC2000番あたりになるそうです。

ライン(糸)

初心者向けセットのリールにラインが付いていたので、今回ラインは買いませんでした。

メバリング初心者向けにオススメされているのは「PEライン0.3号」。

PEラインの長所は伸縮性がなく繊細なアタリも伝えてくれる感度の高さ。そして、引っ張りに対する強度の高さ。

PEラインの短所は、擦れや摩擦に弱いこと。根がかりしたり、魚が暴れて擦れた場合に切れやすい。。

そんなPEラインの短所をカバーするため、ラインの先端にフロロカーボンという違う種類のラインを結びつけ、フロロの先にジグヘッドを付けるそうです。

今回はリールに付いているライン(おそらくナイロン)のまま行くので、「PE+フロロ」は次回の課題に持ち越し。

ジグヘッド

メバリングで使うジグヘッドは0.4〜3グラム。
釣り場の状況に応じて使い分けるそうですが、「初心者は1.5グラムがオススメ」とのこと。

フィッシングマックスへ行くと、上から下までズラーっと一面のジグヘッド。
メーカーも値段もいろいろで、ジグヘッドの頭の形状も丸だったり三角だったり…。

迷った結果、1.5グラムと1.0グラムのジグヘッドを何種類か適当に買いました。

ワーム

ジグヘッド以上に悩んだのがワーム。
こちらも種類がたくさんあって、どれを買ったらいいか見当もつかず。

そういえば、四季の釣りで「この色が調子いいんです」とアミエビカラーを紹介していたな…、とアミエビカラーやオレンジ系を中心に何種類か選びました。

初めてのメバリングで参考にした釣り方

釣り方は「四季の釣り」の日中メバリングの動画を参考にしました。
ものすごく簡単にまとめてしまうと、大事なのは「底(ボトム)を取ること」。
これさえ押さえていれば、あとはなんとかなりそう。
  1. 投げる
  2. ジグヘッドを確実に海底に着底させる
  3. 着底したらリールを巻かずに竿を上下させ、ワームをフワフワ動かす
  4. ワームが手前に移動してくるので、その距離の分たるんだ糸をリールで巻き取る
  5. 1〜4を繰り返す
初心者なので、細かい点は省略。あとは釣り場に行くのみ!

南芦屋浜で初めてのメバリング

5月5日。
「今日は投げサビキからのメバリングだ!」と南芦屋浜へ。

まずは投げサビキからスタート

投げサビキの3、4投目に強烈な引き。

これまでに経験したことのないパワーに脳内に電気が走ります。

「これはもしや憧れのハネ…」
「あ、タモ網ない…どうしよ…」

と必死で岸まで寄せたら、正体はボラ。

このときはドラグの使い方も分かっていなくて、ガチガチに締めた状態。

水際でバシャ!と大きく跳ねた瞬間に糸が切れ、仕掛けごと持っていかれてしまいました。
悔しいようなホッとしたような…

これは「汝、メバリングをやり給へ」というボラ様のメッセージ…と、メバリングに切り替えることに。

見よう見まねで初めてのメバリング

1.5グラムのジグヘッドにアミエビカラーのワームを付け、一投目。

着底したかどうかは、まったく分からず…。
「もうそろそろ着底しただろう」というタイミングでロッドの上げ下げを開始。

頭の中には四季の釣りで観た釣り方のイメージがあるのに、同じように動かせず。

動きをYouTubeで再確認し試みるも、ロッドとリールの動きが不自然すぎる…。
ワームがどの水深にあるのか把握できず、根がかりにビビりながらロッドを上下させ、リールを巻くのみ…。

そしてやってきた根がかり地獄。
底を引っかいたときの振動をアタリと勘違いして、ロッドを上げたら根がかり。
「引っ張られた!(気がした)」とロッドを上げたら根がかり。
まさに根がかりに次ぐ根がかり。

ジグヘッドを5、6個無くし、心が折れかけたタイミングで、ググ…っとこれまでと違う小さなアタリ。

「よしゃきた!!」

と、脳内に電気が走った状態でリールを巻くと、姿を現したのはクジメでした。
https://www.instagram.com/p/BxD6FHJjZXd/?utm_source=ig_web_copy_link
このあともう1匹クジメが釣れ、タケノコメバル(の子ども)も!
肝心の写真を忘れるくらい舞い上がってしまいました。

翌日、「タケノコメバル釣ってくるわ!」と宣言して出かけたものの…
まさかのボウズ。
息子に「お父さん、油断したやろ」と突っ込まれました。。

初めてのメバリング、のおわりに

ルアーを確実に着底させることを意識した結果、手探りながらも釣ることができました。
着底が感覚で分からない場合は、投げてからしばらく時間を置いてからアクションする。
1回1回の釣行ごとに、メバリングのコツを掴んでいきたいと思います。

これまで「投げサビキ最高!」とひたすら投げサビキをしてきましたが、メバリングでルアーの楽しさを知り、しばらくはルアーにハマりそう。
「ルアー=難しい」という思い込みがなくなり、釣りの幅が広がったのが何よりもうれしいです。
これから12月くらいまで釣りができると思うと、ワクワクが止まりません。

はあ…釣り最高だな。

海釣り動画を探す

チェックボックスにチェックを入れて、最下部の「海釣り動画を探す」ボタンを押してください。
  • Categories

  • Tags