【釣行記】南芦屋浜でメバリング。タケノコメバルが釣れるようになってきた…!

190617-fishing-log-mebaring-minamiashiyahama

こんにちは。マルキです。

ゴールデンウィークに初めたメバリング。小さなタケノコメバルを釣ることができました。
https://maruki.fun/1905-mebaring-minamiashiyahama/
5月後半の週末はタケノコメバル狙いで南芦屋浜へ。

メバルが釣れやすい時期ということもあり、赤ちゃんサイズからそこそこサイズまで、毎回釣れるように。
少しづつコツが掴めてきた気がします。

5月18日(土)・早朝・くもり【南芦屋浜メバリング】

5月17日から4日間、実家の両親と妹夫婦とマルキ家の3家族で沖縄旅行の予定でした。
2月に3家族分の宿と飛行機の手配をして、ずっと楽しみにしていた旅行。

がしかし。

直前にまさかの仕事トラブル。
マルキだけ旅行に行けなくなってしまいました(泣)。
https://www.instagram.com/p/BxiyPTGHV_M/?utm_source=ig_web_copy_link
突然訪れた一人だけの週末。
これはもう、釣りをするしかありません。

土曜日の朝は3時半に起床。4時半に南芦屋浜に到着。
南芦屋浜でメバリング。釣り場に向かう自転車からの一枚
釣り場に向かう自転車から撮った一枚。
釣りに行くときのワクワク感は何歳になっても変わりません。
南芦屋浜でメバリング。5月18日のタイドグラフ。
満潮は6時。

潮のことはまだよく知らないのですが、「大潮=釣りのチャンス」というイメージ。
「今日は釣れる…!」と釣りテンションがあがります。

東側へ行こうとしたら強い向かい風。Uターンして風裏となる西側石畳へ。

仕掛けは1.5グラムのジグヘッドにオレンジ系ワーム

「西側は根がかりしやすいですよ」というフィッシングマックススタッフさんの言葉通り、最初の3投はすべて根がかり。

ジグヘッドとワームが海底に消えるたび、脳内にチャリンチャリンとお金が海に吸い込まれるイメージが浮かびます。。「1回あたり釣りコスト」を計算してみたい。

(…とはいえ、根がかりを恐れてはタケノコ釣れぬ!)と自分に言い聞かせ、4投目。
ジグヘッドを確実に着底させ、ボトム(底)付近を漂わすイメージ

すると、ブルルッ!と引き。
南芦屋浜でメバリング。釣れたのはチビタケノコメバル
狙った魚が釣れたときの嬉しさといったら…!
釣れたのはチビタケノコ。いやもうサイズ関係なく嬉しい!
(よくぞ釣れてくれた!)と、タケノコメバル君に感謝しまくりです。

気を良くして投げ続けるも、そのあとしばらくは根がかりとの戦い。

そして、最初の1匹から1時間くらいした頃、ブルルッ!と引き。
南芦屋浜でメバリング。もう一匹チビタケノコメバルを追加。
タケノコかわいい…
先ほどと同じくらいのチビタケノコ。

これまではボウズが当たり前。今回は狙った魚を2匹も釣ることができて大大大満足。
「大きくなってね」とリリースしました。

(今日は思い残すことはない、帰ろう)と自転車を漕ぎだしたのですが、(場所を変えても釣れるだろうか…)と釣り欲が止まらなくなり、芦屋浜の北側へ。

ジグヘッドは1.5グラムのまま、ワームだけアミエビカラーに変更

北側は誰もいないので、石畳を移動しながら投げていきます。ここでも西側と同じくらい根がかりしまくり。
今回の釣行でジグヘッドとワームを幾つ失くしたんだろう。。

そろそろ帰ろうかな…と思ったその時。

プルルッとかわいい引き。
南芦屋浜でメバリング。北側で赤ちゃんタケノコメバル。
か、かわいすぎる…!
釣れたのは赤ちゃんタケノコ。

場所を変えても狙った魚が釣れたという結果にお腹いっぱい胸いっぱい。納竿としました。

5月19日(日)・早朝・晴れ【南芦屋浜メバリング】

日曜日も朝から南芦屋浜へ。
南芦屋浜でメバリング。5月19日のタイドグラフ。
この日は5時から10時までの釣行
この日も大潮。そろそろ持ち帰れるサイズのタケノコメバルを釣りたい…。

まずは東側へ。
1.5グラムのダート系ジグヘッドに、アジング・メバリング用のアミエビカラーワーム

根がかりしながら1時間くらい粘っていると、ブルッと引き。
釣れたのはクジメでした。
南芦屋浜でメバリング。釣れたのはクジメ。
アイナメとクジメは、よく似てます。。
「アイナメが釣れた!」と思っていたのですが、後日写真を見た息子が「これ、クジメや」と教えてくれました。

さらにもう1匹クジメが釣れたのですが、暴れたひょうしに石畳の隙間に…貴重な1匹を逃してしまいました。

その後しばらく投げ続けるも、釣れる気配なし。
昨日赤ちゃんタケノコが釣れた北側へ移動。

仕掛けは先ほどと同じ1.5グラムのダート系ジグヘッドに、アジング・メバリング用のアミエビカラーワーム

釣り始めてすぐの9時前、プルルッとかわいい引き。
南芦屋浜でメバリング。赤ちゃんタケノコメバルが釣れました。
昨日と同じ、赤ちゃんタケノコでした。

「これが大潮のパワーか…!」とテンション急上昇。

根がかりでいくつかジグヘッドをロストしながら「ジグヘッドを確実に着底させ、ワームをフワフワ漂わす」を意識していると…

ググン…!と今までと違う引き。ドラグが鳴る音を初めて聞きました。
南芦屋浜でメバリング。ようやく釣れた20センチクラスのタケノコメバル。
やった!!
釣れたのは20センチほどのタケノコメバル!

これで、今までやりたかったアレができる…!
南芦屋浜でメバリング。やってみたかった持ち方でタケノコメバルを撮ってみた。
やりたかったアレ
おっかなびっくりタケノコメバル君の口に手を入れ、YouYubeやインスタでよくみる持ち方をやってみました。

嬉しくて、沖縄にいる家族に写真をグループ送信。
「おお」「すごい!」という返信のあと、楽しげなシュノーケリングの画像が送られてきて「やっぱ、沖縄行きてえ…」となりました。

今回の釣り道具【南芦屋浜メバリング】

今回の釣行の道具は上州屋で買った「初心者ルアーセット」。ゴールデンウィークに初めてメバリングをした時と同じです。
https://maruki.fun/1905-mebaring-minamiashiyahama/
ロッド(竿)とリールはSZMという上州屋のオリジナルブランドです。

ライン(釣り糸)はリールに巻かれていたナイロンライン。ラインの太さはすみません、分からないです。。

ジグヘッド(針付きおもり)は1.0グラムと1.5グラムの2種類。



ワーム(疑似餌)はアジング・メバリング用のやつを適当に何種類か。

メバリング用ロッドとリールを購入!【南芦屋浜メバリング】

この週末でメバリングの楽しさを知ってしまったマルキ。
ついにメバリング用ロッドとリールを買うことを決意。

メバリングだけでなくアジングも楽しめるロッドが欲しい!と、土曜日にの午後に半日かけて探しました。

その結果、たどり着いたのがダイワの月下美人。

https://www.instagram.com/p/BxucEWiDGLZ/?utm_source=ig_web_copy_link
実質初めてのルアーロッドなので、他と比べて何が良いとか詳しいことはわかりません。
ただ、選び抜いたロッドとリールへの愛着はハンパないです笑。

月下美人が届いたのは日曜日。
すぐにでも釣りに行きたかったのですが、用事があって断念。

次の週末まで待とう、と思ったのですが…
https://www.instagram.com/p/Bxx_gSZj2Pq/?utm_source=ig_web_copy_link
待ちきれず、平日の朝に「朝練」。奥さんには「仕事、大丈夫なの?」と心配されてしまいました。。

そしてその週末はガシラ君が釣れてくれました。
https://www.instagram.com/p/Bx3UJ9HjhaZ/?utm_source=ig_web_copy_link
https://www.instagram.com/p/Bx6FR7EjPR8/?utm_source=ig_web_copy_link
新しいロッドとリールの使い勝手は正直、「初心者ルアーセットに比べて少し軽いかな…」くらい。早く「違いが分かる男」になりたい…。

6月2日(日)・早朝・晴れ【南芦屋浜メバリング】

そして次の週末は大潮。
南芦屋浜でメバリング。6月2日のタイドグラフ。
大潮に期待!
5月の終わり頃から釣果情報にツバスがUPされ始め、土曜日は初めてのジグサビキで、初めてのツバスを釣りました。

「今日はツバスとタケノコメバルだ!」と欲張ってジグサビキを投げてはみたものの、アタる気配すらなし…。

ボウズの予感がしたので、早々とメバリングに切り替えました。

自転車で釣り場を移動しながら、これまでの釣れたパターンの振り返り。
タケノコメバルもガシラも、釣れたのは焦らずゆっくりワームを動かした時でした。

何回も投げていると、どうしても着底まで待ちきれずに動かしてしまったり、ロッドを大きくシャクリすぎてしまうことがあります。

なので、「着底まで十分に時間を取る」「タケノコメバルにワームの動きをしっかり見せる」を意識することに。そう、テーマは「一投入魂」!

南芦屋浜の北側でメバリングを開始し、釣り始めてから30分ほど経過した6時半頃。
最初の一匹は赤ちゃんタケノコでした。
南芦屋浜でメバリング。最初の一匹は赤ちゃんタケノコメバル。
食欲旺盛な赤ちゃんタケノコ…
いつもの「ジグヘッドを確実に着底させ、ボトム(底)付近をフワフワ漂わすパターン」。

シャクるときは動かしすぎないように、竿先をチョンチョンと動かすように意識します。
さらに何投かして釣れなければ少しづつ場所を変えて投げていきます。

すると、ググッと大きな引き…!
南芦屋浜でメバリング。2匹目は20センチクラスのタケノコメバル。
20センチクラスきた…!
20センチクラスのタケノコメバル君。
かかった瞬間、結構な力であちこち泳いでくれました。

このあとは、20分おきに15〜20センチくらいのタケノコメバルが4匹。

かつてない最高の釣り時間。ボウズ続きの日々はこの日のためにあったのかも…!
https://www.instagram.com/p/ByMAYOijZAt/?utm_source=ig_web_copy_link

メバリングの気づきと今回の釣り道具【南芦屋浜メバリング】

メバリングの気づき

今回のメバリングの気づきで重要なのは「ジグヘッドを確実に着底させる」、「ボトム(底)付近をフワフワ漂わす」こと。

あとは、「シャクるときは動かしすぎない(竿先をチョンチョンと動かす」、「釣れなければ場所を変えていく」こと。

あ、「根がかりを怖がらない」も大事!

メバリングを始める前の自分に教えるならこんな感じでしょうか。メバリング解像度が低いのでざっくりしたことしか言えずすみません…。

今回の釣り道具

ロッド(竿)・リール:ダイワ「月下美人」



ロッドとリールはダイワの「月下美人」で揃えました。細かいことは分からないですが、軽くてかっこいい(ここ大事)です。

早くインプレ記事が書けるようになりたい…

ライン(釣り糸)

メインのラインはPE0.3号、リーダーはフロロカーボン0.6号(2.5lb ※lb=ポンド)。
PEとリーダーの結び方はYouTubeを参考にしました。

PEライン(リンク先で号数を選択できます)

フロロカーボンライン(リンク先で号数を選択できます)

ジグヘッド(針付きおもり)

使ったのは1.0グラムと1.5グラムの2種類。釣具屋さんで何種類か買いました。

ワーム(疑似餌)

ワームはアジング・メバリング用を何種類か揃えました。今回はアミエビカラーをよく使いました。

【南芦屋浜メバリング】のおわりに

メバリングを始めるまでは「ボウズが当たり前」でした。

今振り返ると、釣りの目的が曖昧で釣りたい魚、釣る場所、釣り方の選択がバラバラ。そりゃ釣れないなと思います。

「メバリングでタケノコメバルを釣る!」が出発点。そこから、どんな道具、どんな場所、どんな時間帯、が決まっていきます。仕事でもそうだけど、目的ってやっぱり大事。。

これからの季節、釣りが楽しみで仕方ありません。
楽しい釣りを報告できるように、南芦屋浜に通い続けようと思います。

🐟ポチッと応援、よろしくお願いします!🎣
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ