[四季の釣り]兵庫県南あわじ市の沼島でフカセ釣り。乗っ込みチヌを釣る!

[四季の釣り]兵庫県南あわじ市の沼島でフカセ釣り。チヌを釣る!

兵庫県南あわじ市の沼島で、磯からフカセ釣りでチヌを狙う。フィッシングアドバイザーは、ささめ針フィールドインストラクターの嶋田隆三。

沼島の磯は、チヌを始め、グレ、マダイ、青物など季節によって様々な魚が狙える。釣行は3月下旬。この日の水温は11度前後。まだ乗っ込みチヌには少し早いようだが、チヌ専用のマキエを使って、底を中心に探る。チヌの活性が低く渋い状況で、まずは幸田サポーターが30㎝後半のチヌを仕留める。

更に幸田サポーターが2匹目の乗っ込みチヌをゲット。最近絶不調の嶋田隆三の竿が大きく曲がった。果たしてチヌを仕留められるのか!?

番組では必要なタックルや釣り方のポイントなども詳しく解説する。