[四季の釣り]三重県志摩市の渡鹿野島でルアーフィッシング。メバルを釣る!

[四季の釣り]三重県志摩市の渡鹿野島でルアーフィッシング。メバルを釣る!

三重県志摩市の渡鹿野島で、ルアーでメバルを狙う。フィッシングアドバイザーは、メジャークラフトの広瀬達樹。

漁港の波止には常夜灯もあって、夜になればメバルがエサを求めて動き出す。まだ明るい時間帯は、ジグヘッドのダートタイプでストラクチャーを探る。

暗くなってからは、ジグヘッドのスイムタイプをキャストしてリトリーブ。サイズは小さいが活性の高いメバルが次々とヒットし、メバルの数釣りを楽しむ。

シャローポイントでは、フロートリグでメバルが入れ喰い状態。最後に3人で恒例の早掛け一本勝負。まさかの逆転劇で勝敗が決まる。

番組では必要なタックルや釣り方のポイントなども詳しく解説する。