[四季の釣り]舞鶴沖でディープタイラバ。アオハタ、アマダイ、レンコダイ、ホウボウ、メジロを釣る!

[四季の釣り]舞鶴沖でディープタイラバ。アオハタ、アマダイ、レンコダイ、ホウボウ、メジロを釣る!

京都府の舞鶴沖で船から様々な魚を狙う。フィッシングアドバイザーはバレーヒルの宮崎勝太。

今回はポイントの水深が80m以上で、ルアーも150g前後を使うディープタイラバ。釣り方は普通のタイラバと一緒で、ボトムを取って巻くだけ。アタリがあっても基本的にはアワセないのがコツで、様々な魚が釣れる。

この日もアオハタ・アマダイ・ホウボウなどを次々とゲット。何が釣れるか分からないディープタイラバ。目標は五魚種釣り。本命は大マダイだが、果たして姿を見せるのか!?

番組では必要なタックル、釣り方なども詳しく紹介する。